オーバーホールをオメガ正規店と修理専門店それぞれに依頼する違いについて

オーバーホールをオメガ正規店と修理専門店それぞれに依頼する違いについて

オメガ等の機械式腕時計はオーバーホールが必要不可欠です。その中で、オーバーホールを依頼するのはオメガ正規店と修理専門店の2つがあります。3年~4年の間に行うのがベストなオーバーホールを行うにつれて正規店と修理専門店に出すのではどう違うのでしょう。

まず、オメガの正規店を紹介します。元々オメガの時計は、コーアクシャル機構や超耐磁時計の革新的な独自技術を時計に詰め込んでいました。
そのため、専門修理賃でも、数十年前までは修理、メンテナンスができず、正規店に依頼するしかありませんでした。
正規店にもっていけば、高度な専門技術で1940年以前に創られた時計でも修理をしてくれます。
そして、正規店ならではのメーカー保証が2年つくので、そのあとに起こる不具合にも安心できます。

では次に、修理専門店の紹介です。
修理専門店は比較的オーバーホールの費用が安いところが多くあるのが特徴です。
様々な時計のオーバーホールを行っており、ブランドごとに専任の技術者が全て純正パーツで正規店並みの修理やオーバーホールを行ってくれます。
約¥20,000~くらい費用が正規に比べると安いので、費用が心配な方には大変おすすめです。ただ、保証がないので、オーバーホールを行ってまた不具合があった際は、再び修理に出さなければならないと言う不安感があります。

どちらもメリットデメリットがありますが、費用面に心配事がなければ個人的にですが、保証のついている正規店は本当に安心できるので、おすすめです。

カテゴリー