OMEGA専門オーバーホール業者一括比較サイト

トップ > コラム > オメガのオーバーホールの依頼方法

オメガのオーバーホールの依頼方法

オメガは、世界的な人気の高い腕時計のメーカーの一つですが、製品を長く愛用するために、定期的なオーバーホールを行う必要があります。
特に、金属製のパーツの劣化のスピードは、腕時計の日頃の使用状況に大きく左右されますが、分解掃除のメリットを正しく理解することで高性能を維持することができます。
オメガのオーバーホールを受け付けてくれる修理業者はそれほど多くありませんが、輸入品の腕時計を専門的に扱っている販売店に問い合わせをすることで、対応可能なケースがあります。
また、パーツの交換が必要となる場合には、純正品を取り寄せることが難しいことがあるため、各地の実績のある時計店の対応事例を日ごろから確認しておくことがおすすめです。
その他、オメガのオーバーホールの費用の相場や仕上がりまでの期間を確認しておきましょう。



オメガのオーバーホールに関して

腕時計のメンテナンスを怠ってしまうと、故障を始めトラブルの要因になってしまいます。
オメガの人気は世界レベルですが、三年に一度はオーバーホールに出すことを推奨します。
購入した店舗に持参をすることで、必要な手続きをしてもらえるはずです。
使用の頻度がそれほどではない場合でも、内部のネジやその他の部品は磨耗しています。
精密機械にとって埃は御法度ですし、専門業者に依頼してオーバーホールをしてもらうことが一番です。
費用は店舗によって異なりますが、交換部品があると高くなることがあります。
自動車にも車検があるように、腕時計にも定期的な検査が必要になります。
大事に使い続けたいからこそ、オーバーホールを欠かしてはいけません。
重厚な佇まいがあるオメガの腕時計は、大切に使うと百年使うことが出来るはずです。
心を込めて労ってやって下さい。



オメガのオーバーホールの大切さ

オメガなどの高級な時計には機械式時計が多いです。
機械式時計とは、電池を使わずにゼンマイを動力とした時計の事です。
ゼンマイを使って精密な機械を動かすため、機械式時計は定期的にメンテナンスが必要になります。
この事をオーバーホールと呼びます。
時計の内部の部品には潤滑油も塗られていますが、乾いてくると動きが鈍くなったり金属同士が磨耗してしまい止まってしまう可能性もあります。
潤滑油の酸化や、油切れなど考えて、だいたい3~5年間隔でオーバーホールをするのに適した期間と言われています。
オメガの正規店や専門店で受ける事ができます。
まずは時計を分解して、細かいパーツに分けられます。
そして綺麗に掃除されたら潤滑油が塗られます。
潤滑油の注油以外にも、汗などの汚れによる錆の確認や、ネジのゆるみがないかどうかも確認してもらえます。
定期的にオーバーホールをすることが時計の寿命を長くします。

次の記事へ

カテゴリー