OMEGA専門オーバーホール業者一括比較サイト

トップ > コラム > オーバーホールの必要性とメリット

オーバーホールの必要性とメリット

 時計のオーバーホールは3~5年に1度は必要と言われております。時計は300もの部品から成り立っており、毎日毎日300もの精密部品が擦れ合い、削り合い軋みあっています。
 部品同士が削れたり軋んだりすることなく、時計を潤滑に動かすために専用の油が塗られいますが、その専用の油も年月が経つにつれて酸化していき潤滑油としての機能が失われていきゴミになります。
 また、潤滑油があるとはいえ金属同士が擦れあうことによって金属のカスもたまってきます。何もせずにそのままにしていると時計自身に負担がかかりゴミがたまり、予期しない動作を引き起こしかねません、
 そして故障しやすいことになります。人も1年に一度の健康診断や定期健診などで体に負担がないかの点検をするように、時計も無理な動きや負担のある動きによって病気になっていないかを点検しメンテナンスをする必要があります。
 その点検やメンテナンスがオーバーホール(分解清掃)になります。時計を選ぶときはデザイン性、機能性、そして時計を持っていることへのステータスなど悩みながら購入するはずです。 ましてやオメガのような高級時計になると、その感情移入は半端ないことでしょう。人によってはお子さんに託したいと思う方もいるのではないでしょうか。
 そんな大切な時計をより長く、きれいに使用するために定期的な点検やメンテナンスをすることがお勧めです。


 分解清掃には大きく分けて「メーカーに頼んでやってもらう方法」と「専門業者にやってもらう方法」の2種類があります。
 メーカーに頼んだ場合は安心感がありますが、状態が疑わしい部品は交換するという傾向が強いといわれています。そのため比較的割高になりやすいようです。
 専門業者で依頼した場合は、事細かな清掃過程がホームページ上に上がっていたり、明確な料金設定がされていたりします。
 また、競合他社などもあるため、よい技術を安い価格で提供されていたりします。ご自分が依頼中の分解清掃状況を知らせてくれる業者もあるようです。


 人の健康診断のように、定期的な点検やメンテナンスなどオメガを長持ちさせるためにオーバーホールは必要なことであります。
 メーカーにて依頼すれば安心感は得られるのですが、疑わしい機器は交換になるために比較的値段が高い。
 その点、専門業者に依頼すれば、メーカーよりは不安はあるものの、様々な細かなサービスを受けられつつ比較的安価に分解清掃してもらえます。
 使えなくなって嘆くことのないように、定期的な分解清掃をお勧めします。

次の記事へ

カテゴリー